自家発電導入 TOP>マンション

マンションの自家発電導入

戸建ての住宅だけではなく、自家発電を考える人は、マンションなどの集合住宅にも太陽光発電システムの導入を考える人が増えてきました。新築のマンションでは特にそうで、みんなが使用する共用スペースだけではなく、各家庭に電気を分配して、電力メーターを割り振るといったことも普通に行われるようになりました。

マンションでは太陽光発電は無理との意見は昔からあったのですが、ここ数年でそのような壁も取り除かれた格好となっているのです。マンションでは、ソーラーパネルを設置できるのは、屋上などに限られるため、世帯数の多い新築マンションでは、各家庭に得られた電力を分配するには無理があります。できたとしても、共用部分の電気に使用するか売電目的での運用で、得られた資金をマンションの活動資金に充てるといったことに利用できます。

比較的低層で、世帯数の少ないマンションでしたら、新築時に最初から太陽光発電システムを導入して、それを売りにして入居者を募ることもできます。これらは、分譲マンションとしての提案ですが、大手のハウスメーカーでは、賃貸マンションでの太陽光発電システムの導入を進めています。これは分譲マンションと違って出入りの多い賃貸マンションで、利用者側の選択肢に太陽光発電も含まれることで入居率を高いレベルで確保したいことの現れといえるでしょう。

一方、発電効率という点から考えると、分譲でも賃貸でもマンションでの各家庭への割り振りには現時点ではかなりのロスが出ることが指摘されています。これは、各家庭に設備を設けること、割り振りの電力のさじ加減なども考慮しなくてはいけないことからです。

また、太陽光発電システムの導入で、分譲マンションでは価格が、賃貸マンションでは家賃がその分高く設定されることは十分考えられます。一つの案として、共用部分とオーナーが個人で使用するという方法が電力を割り振らないことで経済的には効率のよい方法であるといえます。

マンションでの問題としては、新築マンションでは最初から設置しているので、さしたる問題にはなりにくいのですが、既存のマンションで太陽光発電システムを導入する場合です。何百万もするシステムを、各家庭で均等に負担しなくてはいけないので、推進派、慎重派でなかなか意見がまとまらないと思います。 太陽光発電システムを導入する場合は、誰もが均等に費用を負担することになるので、入居者全員の総意が必要になります。その点の根回しというのが大事であると思いますが、経済状況は人ぞれぞれですし、入居者の足並みが揃わないことは十分に考えられます。

人気の見積もりサイトをランキングでご紹介!

タイナビ
パネイル
© 2012 自家発電の導入ガイド Guide navi