自家発電装置の価格について

自家発電装置にもいろいろありますが、ここでは太陽光発電システムについて説明しています。現在では、太陽電池パネルを設置して、家屋をよく見るようになり、太陽光発電システムの値段がよい意味でこなれてきた印象を受けます。

太陽光発電システムの設置が始まった頃の1994年当時は一式で、800万円といわれていました。そのような値段から始まった太陽光発電システムの現在の価格はどのようになっているのでしょうか。

最近では太陽光発電システムに関心を持つ人も多くなってきて、一番多い質問が「いくらするの?」です。質問者は、一番気になることを単刀直入に聞いているにすぎないのですが、太陽光発電システムに限っていえば、「いくらするの?」「いくらで買えるの?」という問いには意味がありません。というのは、太陽光発電システムが完全なオーダーメイドシステムだからです。ですので、「いくらするの?」という質問に対しては、「いくらにでもできます」という答えになります。100万円の太陽光発電システムを組もうとすれば100万円で作りますし、200万円のものなら200万円でできます。

ただし、満足する太陽光発電システムを作るためには最初に値段ありきではだめなのです。太陽光発電システムをする最大の目的は自家発電です。自分の家に必要な電力の100%の時給を目指さなくては意味がありません。もちろん足りなければ、従来通り電力会社から電力を買えばいいのですが、基本は現在から、将来を見据えてかかる電力量に見合った電力の自家発電を目指します。

そのためには、いくらかかるのかを考えなくてはいけないのです。一番効率のいい、南向きの屋根にはびっしり太陽電池パネルを設置することになりますが、多くの場合それだけでは電力は足りないので東向き、そして西向きにも太陽電池パネルを設置することになります。

その時に頭にいれておいておかなくてはいけないのは、南向きのパネルの発電効率を100とすれば、東向きと西向きの発電効率は、南向きに比べて2割から4割減となります。かなりのムダになるのですが、その家庭の必要な電力を積み上げていくのはしかたのないことなのです。

一般的な家庭では年間に4kwhの発電が必要とされています。ですから太陽光発電システムの設置にかかる価格は、4Kwhが一つの目安になり、その価格は現在では概ね200万円から250万円ということです。

屋根の形状などにも左右されますので、一概にこの値段でというのは難しいのですが、平均的な値段を知っておくことで一つの目安にはなりますね。

人気の見積もりサイトをランキングでご紹介!

タイナビ
パネイル
© 2012 自家発電の導入ガイド Guide navi