自家発電導入 TOP>電気を売る

自家発電で電気を売る

太陽光を利用して自家発電を考えている人の多くは、環境を考えている人が多いのが統計的に実証されています。そのうえで、作った電気を売ることでお金を稼ぐことも当然考えます。これを売電という行為なのですが、太陽光発電システムを設置した場合、管轄の電力会社と「売電契約」を結ぶことになります。

日中の太陽光からの自家発電によって得た電力は、まず家庭で使われますが平日の日中で誰もいなければ、使う電気代は、冷蔵庫と待機電力だけですから多くの電気は電力会社に売電する形となるでしょう。

売電した電力は繋がっている電線に戻され、その電力は近所の家庭で使われることとなるのです。夜は太陽光がありませんので、自家発電はできません。よって、日中とは違って電力会社から電気を買わなくてはいけません、これは従来通りということなのですが、日中の「売電」に対して、夜は「買電」と呼んでいます。

この売電の料金と買電の料金は相殺されないようです。売電としての料金は毎月集計されて支払日に指定の銀行口座に振り込まれますし、売電した電気料金は従来通り、指定日に銀行から引き落とされます。これらの差し引きで自家発電について収益が出たかどうかを月単位で把握、または年度の累計で、収益なのか損益なのかを簡単に判断できるようになっているのです。

太陽光発電システムの設計の段階で、収益がでるようにシミュレーションし、そのとおりの設置をするようになります。電気代の変動があっても、売買の割合は大きく変わらないので、日々の生活の中で一番収益が出やすいように生活習慣を決めていくのも大事だと思います。

太陽光発電システムを導入すると、電気の使われ方などが表示モニターで一目瞭然なので、電気の節約意識が芽生えますし、どのように電気製品を使えば効率的なのか、また無駄な電気をつかっていないかなどの察しが容易にできますので、それまで以上に電気の節約が進むようです。併せて日中は余った電気は電力会社に売電できますから、まさに一石二鳥という形になります。

一方で、太陽光発電システムを導入したからといって、電気代が無料になることはありません。 それは説明したとおりなのです。そして、自家発電して、売電した額よりも、夜間などで使用した電力が多く、その買電した額が、日中の売電額よりも大きくなれば、収益の面でいうと赤字ということになります。

太陽光発電システムを設置すると、電気の流れが目に見えてわかるようになり、電気に対しての知識が磨かれます。それに併せて環境に対する意識も当然芽生えますから、それが今後の環境問題についてももっとも大きなメリットとなるのです。

人気の見積もりサイトをランキングでご紹介!

タイナビ
パネイル
© 2012 自家発電の導入ガイド Guide navi